イタリア人温泉体験記

ドキュメンタリー撮影で来日していたミラノの
制作会社クルーがイタリアへ戻ったのは1週間前のこと。

来日前はかなりタイトなスケジュールになりそうだと
心配していたものの、我々アッティコの綿密なリサーチと
準備の甲斐あって (イタリア人の段取りと日本人のそれを
比べられてはたまりません…笑) !

松本滞在中、1日フリーの時間を取ることに成功。
せっかくだからと、地元の人に聞いて乗鞍高原の
日帰り温泉に行くことに。

メンバーは監督(伊人男)、カメラマン(伊人男)、
助監(伊人女)と、私を含む日本人スタッフ3名の計6名。

前日の夕食の際、ほろ酔い気分だった私は
「日本の温泉はヌードよ、ヌードで入るの。男も女も仲良くいっしょにね!

これで私たちも裸の付合い、 さらに親交が深まるね〜!」などと、
適当なことを言ったのをすっかり忘れておりました。

ちなみにイタリアにも温泉は数多くありますが、
プール形式になっており、男女ともに水着で入るのが一般的です。

さて、雪道を抜け、途中、野生の猿に遭遇して感激しつつ、
やっと温泉に到着。

料金を払って、貴重品をロッカーに預けたところで、
私が「はい、男はあっちね。で、女はこっち」と、
助監のマリアンナの手を引いて「女湯」へ連れて行こうとしたところ、

ウキウキ顔で揉み手をしていた監督のジョバンニが、
「へっ? 男女いっしょなんじゃ…」と、へなへな崩れ落ち、
そして、マリアンナは
「な〜んだ。混浴だって聞いたから夜中すね毛処理したのにー!

それもカミソリで!ほら」と言いながら、
見たくもないジョリジョリになったすねを一同に披露。

「混浴だって言ったんだっけ?」と私。

イタリア人クルーの初体験「混浴 in Giappone」の夢は、
安易な私のひと言によって無惨に崩れ落ちたのでした。

アッティコ・ローマ
村本幸枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です