イタリアホテルでの朝食裏技

出張でイタリア国内をまわる時に最も利用するのが

4ツ星ホテル。イタリアには4ツ星クラスよりも素敵で

お得な3ツ星ホテルが多々ありますが、規模、設備、

料金を総合してみると、出張に使い勝手がいいのは

やっぱりビジネスホテル風の4ツ星ホテル。

この手のホテルは宿泊客の数が多いこともあって

朝食時のカップッチーノやエスプレッソはビュッフェ

テーブルに設置されている備え付けのマシーンで

各自が入れるようになっているケースがほとんど。

でも、ご存知ですか?

実はウェイターに注文すると厨房にある正統な(?)

マシーンで入れたカップッチーノやエスプレッソを

テーブルまで運んでくれるのです。

備え付けのマシーンで泡立ちの悪いカップッチーノを

入れて満足している外国人宿泊客を横目にイタリア人

宿泊客は、とくにエスプレッソを飲む方は、ウェイター

にお願いして入れてもらっています。

ウェイターのバリスタとしての腕前にも大きく左右

されますが、それでも業務用のマシーンで入れた

カップッチーノはミルクの泡立ち方やクリーミーさが

断然違うのは言うまでもありません。

次回、機会があったらぜひ試してみて下さいね。

ちょっと通になった気分にもなれますよ。

朝のカップッチーノやエスプレッソは大切ですから。

ただし、宿泊客の9割が外国人ツアー客という

ホテルの場合、「あそこのマシーンで入れてね」

と、軽くあしらわれる可能性もあり。

ローマで言うならカブール通りの4ツ星ホテルとか…。

アッティコ・ローマ 村本幸枝