いくつになってもイタリアパワーは衰えず

先日、友人の誕生日会に参加しました。

ローマ市内の彼女の家で行われたパーティ

にかけつけたのは30名ほど。

彼女の幅広い交友関係を物語るように

集まった老若男女は彼女の友人はもちろん、

離婚した元ご主人、離婚後の元恋人2名ほど、

ご主人との間にもうけた二人の娘とその恋人たち、

娘の友達とさらにその彼氏等々。

みんなで持ち寄った大量の料理に、

娘さんお手製のティラミスBDケーキ。

ワインと料理の出し下げを仕切るのは

現在の彼女の唯一の同居人である

手際のよいロシア人の家政婦さん。

BGMにはサルサやボサノバの軽快なリズムが流れ、

その音がかき消されるほどのボリュームでおしゃべり

に花を咲かせるエネルギッシュな面々。

よくよく考えてみたら誕生日を迎えたアドリアーナは

御年82歳! イタリア人のパワーはやっぱり凄い!と、

つくづく感心したのでした。

でも、決して彼女が例外なわけではありません。

以前、在東京イタリア大使館に勤務していて

現在は年金生活を満喫する80代のEさんも

未だに頻繁に日本に遊びに来ているし、

年中、あちらこちらへの旅を楽しんでいます。

友人の母上は90歳近くまで一人暮らしで

マニュアル車を乗り回し買い物に出ていました。

とは言え、そんな彼女たちも、いつもパワフル

に人生を謳歌しているわけではありません。

体の痛みもあるし、気分が落ち込んだりもするし、

年相応のトラブルはそれなりに抱えています。

それでも「年相応」という言葉を蹴散らし、

舞台から下りることなく楽しく過ごしています。

イタリアでの生活年数が日本のそれを上回る

ところまで来た私は、将来、最終的に日本へ

戻ったとしても、暮らしのスタイルだけは

イタリア式を貫くぞ!と心に誓ったのでした。

アッティコ・ローマ

村本幸枝