国際舞台で活躍する女性たち

先週のはじめまで、日中はコートが必要ないくらい暖かかった
ローマも、数日前からぐっと気温が下がってきました。

現在、NHKテレビ「イタリア語会話」では、ローマの案内人として
登場し、イタリア語会話のテキストでは、占星術家として毎月の
星占いを執筆中のロザンナ。

そのロザンナを通して、元FAO職員だった彼女のお姉さんラウラと、
その同僚で現在もFAOに勤務するダニエラ、そして、その娘エレナを
アッティコにお招きし、働くイタリアのマンマがつくる家庭料理を楽しむ、
「オステリア・アッティコ」を開催したのは2月でした。
あれからそろそろ1年。時が流れるのは早いものです…。

さて、FAO(ファオ)とは “Food and Agriculture Organization”
の略称で、国連食糧農業機関のことです。本部はローマにあります。

なぜか、以前からFAOとは縁が深く、この秋も立て続けにFAOで
活躍するお二人の女性を取材させて頂きました。

アルク出版発行の「World Wide Job vol.2」 “国際協力の仕事”
という特集では、FAO情報通信官として勤務する谷本真由美さん
の活躍ぶりを取材、執筆。

エキサイトが働く女性に向けて発信している Web Magazine、
Woman Excite Garbo(ウーマン・エキサイト・ガルボ)では、
FAOの花形的部署 “緊急時オペレーション部” でチーフという
重要な役割を担うフェルナンダ・グエッリエーリさんのインタビュー・
コーディネートを手がけさせて頂きました。

フェルナンダさんのインタビューはこちらでご覧頂けます!
http://happy.woman.excite.co.jp/garbo/extra/pgcd03/vol3_1.html

まだまだ男性社会の国連。
しかし、男性と女性の管理職比率半々を目指している国連では
能力とやる気のある女性を求めているとか。
日本人女性の獲得にも積極的らしいです。

余談ですが、日本人女性を部下に持つフェルナンダさんも 「日本の
女性は優秀な人が多い」と、絶賛しておりました。

国際舞台へと羽ばたく女性がどんどん増えることはいいことです。
そして、国際舞台で男性に対抗するのではなく、女性ならではの
才能と能力を発揮してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です