ミステリーツアーinイタリア

「アグリツーリズモへ友達と行くけど一緒に行く?」
という友人アンナリーサからの電話。
「来る?(Vieni?)」と聞かれるとついつい「はい(Si!)」と返事してしまう私、
迷うことなくに二つ返事でOK。
「じゃあ、土曜日3時すぎに迎えにいくわ。帰りは月曜日の朝ね!」
と、そこで簡単にも会話が終了した。

電話を切った後に、アグリツーリズモといっても、どこの?誰と?目的は?
果たして山?海?湖??水着は必要???
と何もわからないまま荷物の準備を開始。

出発日当日、3時を過ぎても迎えは来ない。あらら、時間を聞き間違えたかしら?
と、徐々心配になりつつも、アンナリーサの性格(イタリア人性格)を考えると
多少の遅刻は当たり前かと、ひたすらおとなしく待っていると
4時半ごろにようやく彼女が登場。
1時間半遅刻・・まあ、普通?!

2人乗りのスマートという車に乗りいざ出発!
日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の堪能な彼女だが
中身はやはりイタリア人!出発した瞬間より、口がとまることはなく旅が始まった。
私はというと、どこに行くのか?誰がいるのか?何をするの?水着は必要だった???
と質問は山積みのもの、なかなか聞きだせず、、、

高速道路に乗りようやく落ち着いたころに
ウンブリア州のDOCGワインに指定されているサグランティーノというワインの里
モンテファルコへ行き、その週末に行われていた
「Cantina Aperta(オープン・ワイナリー)」
が目的の旅だったということがようやく判明。
さらに、旅行参加の友人の中にはオランダ人が3人もいたため
「英語、大丈夫よね?」という質問に英語のしゃべれない私は沈黙・・・

無事に週末を過ごしたのち、帰りも彼女の爆弾トークは続き、
その合間に「ここにちょっと立ち寄ろう!」「何か食べて行こう」
という寄り道が続き結局ローマには夕方すぎに無事到着。
イタリア人の会話に割り込むには、まだまだ修行が足りないと痛感したのでした。

アッティコ・イタリア
田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です