イタリア語を学んだ その先にあるものは?

英語を習得しようと思ったのは仕事に役立つと思ったから。
イタリア語をやろうと決めたのは、
はじめて訪れたローマがあまりにも印象的だったから。
英語を学ぶことは頭で決め、
イタリア語を学ぶことは心で決めたわけです。

当時、「イタリア語をやるんだ!」
という私の意気込みとは裏腹に、周囲のコメントは、
「イタリア語なんてやっても将来つぶしがきかないよ」
「どうせならフランス語かスペイン語にしたら?」と、
出端をくじくようなものばかりでした。

それから、20年…。
不思議なもので英語を使う機会はほとんどありません。
代わりに将来つぶしがきかないはずだった
イタリア語を武器に仕事をするようになりました。
イタリアに家を持ち、思い描いたとおり、
年の半分をイタリアで半分を日本で過ごしています。

「ローマに住んでみたい!」
という気持ちだけではじめたイタリア語を通じて、
いろいろな世界を知り、様々な人と出会いました。

語学には単に言葉を学ぶという事実だけでなく、
わくわくする何かが後ろに控えているような
不思議な魅力があるとは思いませんか?
そして、イタリア語を学んだ先にあるその何かは
きっと人それぞれなのだと思います。

アッティコ イタリア
村本幸枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です