トリノの冬のコーヒーとは?

この木曜日の夜には最低気温0度を記録し、
すっかり冬景色となってしまったローマです。

先週末は、「Salone del Gusto(サローネ・デル・グスト)」
という食の展示会を見学するためにトリノに行っていました。
その頃は、北の街トリノもまだまだ暖かく、
夕食後にバールの外席に座って冷たい飲み物を片手に、
夜中2時までおしゃべりしていられました。

さて、そんなトリノでの冬定番の飲み物をご存知ですか?
それは「Bicerin(ビチェリン)」というもので、
エスプレッソコーヒーに溶かしたチョコレートを混ぜ、
その上にあわ立てたフォームドミルクをのせた
こってりとした甘いコーヒードリンクです。
トリネーゼ(トリノの人)たちは冬になると、
このビチェリンで体を温めて元気を出すそうです。

北の街ならではのこのドリンクを知ったのは
前回の冬季オリンピック時期にトリノへ行った際。
トリノ人の友達から「飲んでごらん」と勧められたのが最初でした。
今回もまた同じ友達と出かけたので、前回教わった飲み物を
ちゃんと覚えているよという意味も含め
「ビチェリン飲もうかな」と言ったところ
「ビチェリン飲むには暑すぎるよ!他のものにしたら?」
と言われてしまいました。

ぜひ、トリノに行かれることがありましたら、
甘い香りの北のコーヒー「ビチェリン」をお試しあれ!

Attico Italia 田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です