クリスマスまであとわずかのイタリアより

11月に入りぐっと寒くなったイタリアですが、
それと同時に街中は徐々にクリスマスが近づく気配がし始めたようです。

真っ先に目につきだしたのが、スーパーに並び始めたクリスマス菓子
「パネットーネ」です。北イタリアのミラノが発祥のパネットーネは、
レーズンやオレンジピールなどが入ったスィートなスポンジパンで、
クリスマスのテーブルに必ず顔を見せるお菓子です。

最近は、日本でもおなじみになってきているようですが、
より一層おいしく味わうには、少し温めて、
ホカホカでフワフワにしてから食べるのがコツだそうです。
私のイタリア人の友人はすでにパネットーネを買い込み、
毎日朝食として、嬉しそうにほおばっています。

そしてクリスマスといえば、プレゼント!
毎年のようにぎりぎりになってからプレゼントを買いに走る友達は、
今年こそは余裕を持って揃えるべく、今から街なかに出ては
「あっ、これ従妹のプレゼントにいいかな」と、
目を光らして探し始めています。

プレゼントの紙袋を両手いっぱいに抱えた人々が街なかを往来し、
クリスマスツリーに飾りがつけられ、
お花屋さんの前の真っ赤なポインセチアが並ぶようになると、
いよいよ本格的にクリスマス!と感じられることでしょう。

Attico Italia 田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です