ナポリでつくるティラミスの秘密とは?

イタリアで親しまれているエスプレッソはバールだけではなく、
家庭でもモカという器具で抽出して、毎日のように飲まれています。
日本でもお馴染みとなっているモカは、下の容器に水を入れ、
中間部分にコーヒーの粉を詰め直火にかけると、
水が沸騰してコーヒーの粉の部分を通過し上
部に抽出されたコーヒーがたまるという仕組みになっています。

昨日、夕食に招待された友人マリアエレナの家では、
このお馴染みのモカを見ることができません。
ナポリ出身のこの家族、まったく形の違うナポリ式器具で
コーヒーをいれて飲んでいるそうです。

どんな仕組みになっているかというと、
水を入れて沸かし湯にする部分と中間のコーヒーの粉を入れる部分、
抽出されたコーヒーを受ける部分からなっているのはモカと同じ。
ただ、ナポリ式ではお湯が沸いたら器具自体を上下を逆さに返し、
お湯の入っている部分を上にして、
中間のコーヒーの粉の部分を通過させてから
下に出来たコーヒーをためる仕組みとなっています。
このため、火にかけるときはコーヒーのポットが
逆さまになるようにセットします。

言葉で説明するのが少し難しいですが、
要はドリップ式と同じになります。
「モカのように濃いだけのコーヒーではなく、
マイルドでありながらコーヒーのうまみがぎっしりるまっている」
と彼らは語っていました。

ちなみに昨晩のメニューを紹介しますと、
抜群においしかった「ピッツェッタ(ナポリの家庭でおなじみの揚げピザ)」に、
盛りだくさんのチーズ、野菜各種、とうもろこし(!?)
そして、マンマお手製のティラミスまでという、
今朝になっても消化しきれていないフルコースでした。

もちろん、ティラミスに使うビスケットをしめらすコーヒーも
このナポリ式器具でいれた物でした。

Attico Italia 田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です