イタリアの伝統的なゲーム

イタリアでは多くの人が集まると、おしゃべりに花がさくだけではなく
ゲーム遊びが始まることよくあります。

主にクリスマス、年末年始の時期に行われる
伝統的ゲームの一つにトンボラ(Tombola)があります。

トンボラとは、イタリア版ビンゴ。
まず、マス目に数字が書いてあるカードが参会者全員に配られます。

司会者が出た数字を読み上げていき、参加者は読み上げられた数字が
自分のカードにあれば、そこに豆をおいていきます。

そして同じ列に豆が並ぶ人が賞品を手にできるというゲームです。

ただ、ビンゴと大きく違うのは、1列全部がそろわなくても、

同じ1列に2つ数字が出た人、3つ出た人、4つ、5つ、全部、
と揃った人から順番に賞品がもらえることです。

ちなみに、数が揃った時には、揃った数に応じて
次の言葉を大声で言うのがルールです。

2つ揃う:アンボ(Ambo)
3つ揃う:テルノ(Terno)
4つ揃う:クアテルナ(Quaterna)
5つ揃う:チンクイナ(Cinquina)
全部揃う:トンボラ(Tombola)

Attico Italia 田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です