イタリア滞在許可事情

イタリアでは不定期に外国人へ滞在許可書を
発行することがあります。
毎回条件は異なり、年々、その枠は少なくなっていて、
審査も厳しくなってはいますが、イタリア政府はここ数年、
なんらかの形で毎年滞在許可の申請を受け付けています。

不法滞在の外国人が増える続けていることから、
それなら彼等にきちんと権利を与え、
税金を支払ってもらおうというのがその目的です。

昨年、滞在許可書のない外国人にビザを出す
という通達あったのは春頃でした。
その枠17万名に対して72万4000件の申込みがあったそう。
申込みをしなかった外国人も含めると
少なくとも650万人の不法滞在者がいるのでは、
と、イタリア統計局は発表しています。
不法滞在者の数は昨年に比べ、倍増しているとのこと。

人口と比較してもっとも不法滞在の外国人が多いのは
ロンバルディア州のブレーシャで、1000人の人口に対し、
32人の外国人不法滞在者が存在するとのこと。
ちなみに、国全体の平均は1000人に対し、10.9人だそうです。
100名の外国人滞在者に対するブレーシャの不法滞在者は13.5名だとか。

北イタリアに比べて外国人そのものの数は少ないものの、
不法滞在者の割合が多いのはカラブリア州やサルデーニャ州で、
サルデーニャのヌオーロは100名の外国人に対し、
35.5人の外国人が不法滞在をしているとのことです。

2007年の申請を受理した段階では、
イタリアは中道左派が政権を握っていましたが、
今年の選挙で与党は中道右派に変わったため、
昨年申請した人々に、今後滞在許可書がおりるかどうかは疑問ですが…。

アッティコ・ローマ
村本幸枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です