イタリアの結婚のお値段

ガソリンや食料品が値上がりを続ける昨今、
イタリアの物価上昇は結婚も直撃しているようです。

イタリアでは花嫁も花婿も
衣装はレンタルするのではなく購入しますが、
ウエディングドレスにかける費用は
1500ユーロ(約25万円)から5000ユー(約85万円)が一般的。

ドレスにお金をかけるのはイタリアの常識なので、
この辺は以前とさほど変わっていないようですが、
初夜の花嫁のランジェリーにかかる金額は180ユーロ(3万円)から
500ユーロ(約85,000円)近くに、花婿も50ユーロ前後(約8,500円)
から120ユーロ(約2万円)になっているのだと、
イタリア消費者センターが発表。

結婚式当日のメイクも2001年には75ユーロ(約13,000円)が
相場だったのが、現在は200ユーロ(約35,000円)ほどかかるのだとか。
同じく、ヘアセットも120ユーロ(約2万円) から350ユーロ(約6万円)に
上昇しているのだそう。

花嫁のブーケは4倍近くに跳ね上がり、
現在の予算は500ユーロ(約85,000円)、
式を挙げる教会のデコレーションも3倍以上の
1,000ユーロ(165,000円)が相場。
教会から披露宴会場へ新郎新婦を乗せる高級車を頼むと
1,200ユーロ(約20万円)は見ておかなければならないようです。

最大の出費は披露宴で7年前の相場7500ユーロに対し、
現在は倍の15,000ユーロは必要(約250万円)。
結婚指輪の費用も3倍近くの1000ユーロ(165,000円)が
一般的なのだとか。

新婚旅行をイタリア語では英語同様「ハネムーン(蜜月)」 と言いますが、
甘い旅行でなく、苦い旅行を強いられている新婚カップルが多いよう。
新婚旅行の予算は以前は2,000ユーロ(約35万円)あたりが一般的でしたが、
少し奮発して海外へと思えば、5,000ユーロ(約85万円)は
覚悟しなければならないそうです。

さらに、イタリアでは恒例のプロカメラマンによる
撮影&アルバム制作は3,500ユーロ (約60万円)、
ビデオ撮影を頼むとさらに3500ユーロ追加。

結婚が決まったら、まず、
どこで経費を削減するかから始まるのがイタリアの現状。
フルコースにしたら、しめておいくらになるのでしょう。

アッティコ・ローマ
村本幸枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です