イタリア人のテニスマナー

しばらく、あまりお天気に恵まれなかったイタリアですが、
この週末はようやく太陽が顔をのぞか、
家にいるのがもったいない気候となっています。

そんな太陽に誘われるように、1年半前におこした肉離れの後
しばらく遠のいていたテニスクラブへ、昨日久しぶりに顔をだしてきました。

気候がよくなったこともあり、コートは満員で、
ほんの1時間ほどプレーした後、自分のテニス以上に盛り上がる
ほかの人の観戦を楽しんできました。

テニスは比較的、騒がず静かに行うスポーツなのですが、
どうもイタリア人にはこの万国共通ルールは、
あまりあてはまらないようです。

他人の試合の最中に、声援(からかいの声?!)をおくったり、
コートでプレーしている人も、プレー中によくしゃべること・・・
さらには、「今のボールはインだ!」「アウトだ」と喧嘩ごしになる人。

言葉の熱い戦いも繰り広げられます。

「ラケット1本あれば、どこでも友達ができる」と自負している私ですが
どうやらイタリアでは、言葉が伴わないとテニスでも同等に戦えないようです。

昨日一番びっくりしたのは、コートチェンジの際に
いきなり携帯電話を取り出したかと思えば
「今日の夜のテーブルセッティングは5人ではなく6人にしておいて」と
夕食のテーブルセッティングのために家へ電話をする人まで・・・

友達同士のお楽しみテニスだからできることなのでしょうが、
これには、観戦していたイタリア人もさすがにびっくり!

さて、ローマでは昨日から、有名プロ選手がによって
本物の熱い戦いが2週間にわたり繰り広げられる
インターナショナル・テニス・トーナメントが始まりました。

私も、時間に余裕ができれば観戦しに行こうと思っています。

Attico Italia 田中裕子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です